学習期間が必要な行政書士の勉強法|短期間でも資格取得が可能

学生

保育の専門家として活躍

保育園

資格を取得するには

保育士になるには、まず保育士の資格を取得しその後保育園の採用試験を受けます。保育士の資格は厚生労働大臣が認可した専門の養成施設や大学・短大・専修学校で規定の単位を修得後卒業して資格を取得するのが一般的です。専門の養成施設は2年生の専修学校や短大、4年制大学の福祉学科、保育学科、教育学科児童専攻などです。このような施設では社会福祉や発達心理学、保育原理など保育に関する科目の履修や実際に保育園などで保育の仕事を体験する保育実習を行うことが義務づけられています。これ以外の大学や短大を卒業した場合は各都道府県で実施される保育士試験を受験し資格を得ることになります。高等学校卒業の場合は児童福祉施設などで一定以上の実務経験を積むと保育士試験の受験資格を得られます。

保育の知識を生かせる

保育士の仕事は、保育所をはじめ乳児園、養護施設などの児童福祉施設で0歳から小学校入学までの幼児達を迎え遊びなどを通して心を育て、生活習慣のしつけを行い、保護者が迎えに来るまで見守ることです。この仕事に従事するために必要となるのが保育士の資格です。共働きの家庭が増えている現代の社会状況からも保育士の役割がますます重要になってきています。何よりも子供が大好きで、一生やりがいのある仕事がしたい人や、社会や地域に貢献したい人などに人気のある資格です。保育士の資格を取得すれば、いくつからでも仕事に就けますし、保育所などの公的機関で活躍できることや、自分の子育てにも保育の知識を生かせるという利点があります。