学習期間が必要な行政書士の勉強法|短期間でも資格取得が可能

女の人

受かるためにしっかり勉強

レディ

難易度はとても高い

行政書士は受験資格がないので誰にでも受けることができる資格でありますが、だからといって誰にでも受かることができるというほど簡単な試験とはいえません。毎年合格率は一桁といわれており、その率が高い年でもおおよそ7パーセントしかないと伝えられているほど難易度が高い資格といえます。安易に、誰でも受験することができるということで試験を受けてしまえば、そのハードルの高さから痛い目に会うことは間違いありません。国家資格の1つでもあり、行政法に詳しくなる立場として活躍する専門家となるわけですから、そう簡単に取得できる資格ではないことを心得ておくことが大事です。学習期間も最低半年以上は必要になるだろうといわれています。

過去問もしっかりと

行政書士になるための勉強を始めて、学習期間3ヶ月ほどで試験に合格することができたという人もいますが、それは少数派で、もともと勉強することが苦手ではない人ができることかもしれません。しかし1年以内という短期間の学習期間で行政書士の資格を取得できるようになる勉強法は、ないのかといえばそうではありません。何度も過去問を繰り返し勉強し、どのような試験内容が出てくるのかを把握しながら、その関連の勉強を集中的にすると、満点は難しくても合格ラインにとどくことができることもあります。行政法や憲法、民法を学ぶのはもちろん、過去問を勉強することで試験を受けるペース配分を理解することができます。行政書士になるためにも学習期間中は、集中して勉強に取り組むことが大事です。

保育の専門家として活躍

保育園

保育士の仕事に就きたい人は、厚生労働大臣が認可した養成施設や大学、短大で知識を勉強して資格を取得しなければいけません。共働きの家庭が増えているので、これからも保育士の需要は高まるばかりです。

保育のプロになるには

レディ

大学や短期大学の選び方次第では、試験を受けずに保育士の資格が取得出来る場合があります。従って、卒業時のスケジュールにも余裕が出来ます。多くの専門学校は、本気で保育士を目指す方に利用されています。早期に現場に出たい方にも専門学校は好評です。

働く人をサポート

スーツの人

働く人の心や健康をサポートするメンタルヘルスマネジメントという資格があります。受験資格がないので誰でも取得することができ、ストレス社会と呼ばれる現代には働く人の支えとなる良い資格となるかもしれません。

イチオシサイト

  • モチベーション・マネジメント協会

    マネジメントの資格についての情報を調べておきたいと思っている人はいませんか?それならこちらがオススメとなっているので確かめてみよう。
  • 体験談で判明!行政書士に独学で受かる方法

    行政書士の学習期間は一体どれくらい必要か知りたいならコチラを要checkです!知っておくと為になる情報を紹介しています。